instractor profile

インストラクター プロフィール

カオン

20年ほど前に柳瀬けい子、森川那智子両氏主催のヨガインストラクター養成講座を修了。その後森川氏の『こころとからだのクリニカセンター』にてヨガ講師を続けながら、龍村ヨガの指導者養成講座修了。2006年コスタリカのNosara Yoga InstituteのDon Stapleton氏とAmba Stapleton氏に出会い、翌年ノサラにて彼らが生み出したプラナサージを習得。続けて全米ヨガアライアンスのヨガティーチャー200時間用コースを修了。横浜、鎌倉を拠点とし、企業のヨガ講師、パルシステム主催のカルチャースクール、相鉄主催のカルチャーなどのヨガ講師を務め、同生協発行の小冊子のヨガコラムは好評で13ヶ月続いた。また、ビーガンベジタリアン(肉と魚のみならず、乳製品や卵も摂らない)を10年以上つづけた経験から食事に関するセミナー兼お食事会を開催していた。
2011年3月の地震をきっかけに、今までと同じままでいられないと思い、その時もっていたクラスをすべて辞め、家具や身の回りのものを引き払い、アイルランドのシャーマン宅で4ヶ月、北米最大のクリパルヨガセンターにてカルマヨガを6ヶ月間行う。その間に、ダンス的要素を組み合わせたヨガダンスやマンダラジャーナリング、パートナーヨガ、パーソナルヨガを学ぶ。その後コスタリカのNosara Yoga Instituteを改めて訪れリストラティブヨガのティーチャートレーニング、Don, Amba両氏主催のInner Questを修了し500時間修了のヨガ講師となる。

  • ヨガインストラクター
    • 全米ヨガアライアンス認定 E-RYT200
    • プロフェッショナルヨガインストラクター講座500時間修了
    • YA 500 RYT certified yoga teacher
  • プラナサージ プラクティショナー(コスタリカ,Nosara Yoga Instituteにて)
  • ヨガ講師のためのInner Quest修了(コスタリカ,Nosara Yoga Instituteにて)
  • Essential Nature Restorative Yoga Teacher 修了(コスタリカ,Nosara Yoga Instituteにて)
  • Reiki Master Degree 修了

私のヨガは、ストイックにポーズにこだわらない、自分と向き合うためのツールとしています。瞑想やダンス、アートに関しての要素はもちろんのこと、食事をすることなど、生活全てにヨガ的な智慧を応用できるようにと考えられています。