ヨガアーサナの本質

定 期 開 催

ヨガアーサナの本質

担当講師:Lee

講座「ヨガアーサナの本質」について

「アーサナ」とは、簡単にいうとヨガのポーズのことです。
ヨガのポーズ=アーサナは、カラダが硬いからといって出来ないものではないのですが、ここ最近の世の中に氾濫している情報を見る限りでは、つい“難しいもの”だと認識されてしまいがちです。
本来のヨガは、人間であれば誰でも出来るものですが、ついアーサナの完成度に気を取られてしまうことも多いでしょう。
アーサナは、自分の「今」を見つけるための道具です。
その本質を理解しながらアーサナを行うことで、ポーズのキレイさにとらわれることが無くなるばかりか、今の自分にとっての快適さと安定感が一番美しいのだと認識できるようになります。
この講座では、基本的なアーサナを使って、カラダとココロのつながりや、
相互への影響などを体感していきます。内側の感覚に注目しながらカラダを動かすことで、ココロや感情の動きを捉えられるようになってきます。また、自身の体感が明確であればあるほど、それを他の人へ伝えられるようにもなります。
まずはテクニックではないところの本質をつかんで、「ヨガ」とはいったい何なのか、アーサナの練習が実生活にどのように役に立つのかを体感していきましょう。

シャバーサナ

ヨガで一番難しいとされるアーサナが、このシャバーサナです。
「娑婆(しゃば)」という言葉で耳にすることもあると思いますが、まさにその語源となっているもので、この肉体を脱いだときの解放感や広がり、全てと一体である状態を体感するためのポーズです。
意識が明晰なのに、肉体を完全に眠りの世界へといざなうのです。これによって受ける恩恵で一番わかりやすいのは、非常に短い時間で肉体の疲労が回復することです。
人は、意識が起きているときは、ほとんどの場合どこかしらに「リキみ」が  入っていますが、シャバーサナは、意識を保ったまま肉体のスイッチを完全に 切った状態です。
カラダがとらわれの無い感覚に浸ることにより、ココロまでもが穏やかに広がり、自分は肉体の存在ではないということに気がつけるきっかけにもなります。
そもそもヨガは、「このカラダは自分ではない」「私は宇宙である」ということを確信するために行うものです。そこにたどり着くためにありとあらゆるアーサナを行いながら自分自身を探り続けるのです。

プラーナーヤーマ

これは「呼吸を調整すること」で、意識した呼吸ということもできます。
日常的に無意識で行っている呼吸を意識的に行い、自身の無意識にアクセスしていきます。
普段いかに自分が無意識で生きているかを実感することで、意識的な生き方へとシフトしていきます。

マントラ

マントラは、簡単な一言で表すと「お経」のようなものです。
一番簡単なマントラは「オーム」ですが、これは宇宙を一言で表す音。
マントラを唱えることで音の振動も体感でき、その音に刻まれたエネルギーを発動させることもできます。 あまりこだわらず、シンプルで簡単なマントラを使って音の振動を体感していきましょう。
難解でよくわからないマントラに手を広げるよりも、まずは簡単に使えて実感できるマントラから大切に扱っていくことでその恩恵に浸ります。

瞑想

瞑想は、じっと座って行うものというよりも、「瞑想の状態」であることが  その本質です。
食べたていり、歩いていたり、誰かと話をしていても、それを無意識で行っていない状態のことを指しており、この講座ではそこを目指します。
ヨガのアーサナは動く瞑想とも言えます。
アーサナでカラダを動かしているときに内観している感覚を日々の生活の中でも呼び起こすことで、比較的簡単に瞑想を行うことができます。
ヨガクラス内で行うことをすべて日常に活かすことによって、初めて、ヨガが向かうところの「真理」に出合います。

講座内容について

カリキュラム概要

  • アーサナの実践
    • 仰向けのアーサナ
    • うつ伏せのアーサナ
    • 座位のアーサナ
    • 前屈のアーサナ
    • 後屈のアーサナ
    • ねじりのアーサナ
    • 立位のアーサナ
    • 逆転のアーサナ
    • シャバーサナ
  • プラーナーヤーマ
  • マントラ
  • 瞑想としてのヨガ

※内容は予告なしに変更する場合があります。

開催日時

全5回
2017年3月 開催予定

受講料

35,000円

参加資格

講座内容に興味があればどなたでも

募集締切

調整中

お問合せ/お申込み

担当講師よりご挨拶

ヨガのアーサナを練習したり、活用することは、自分の「生」の義務を果たすことにつながります。
ただ生きているだけではなく、生きることに自覚をもって「生きる」。
そんな悟りの状態へ続く近道のヒントが、ヨガのアーサナには潜んでいます。
ただしそれには自分に合ったヨガを見つけることが重要な課題となるでしょう。
それぞれの人生の指針となる自分なりのヨガを見つけるための足がかりと して、本講座をご活用いただければと思います。

講師紹介

Lee

  • batubatuオープン時からインストラクターとしてレギュラークラスを担当
  • batubatuヨガインストラクター養成コース(2007年、2008年、2012年、2014年)にて講義・ワークショップを担当
  • 生き方としてのヨガを提唱し続けるコラムニストとしてbatubatuスタジオ統括業務に従事

2005年、それまで趣味で勉強していたヨガを人に伝え始めたことをきっかけに、その奥深さの追究を始める。
フリーで活動しながら、ヨガを始めとする東洋哲学、西洋哲学、宗教、心理学、量子物理学、心霊研究、宇宙からオカルトまで様々な分野から自身の啓蒙を続けること十余年、現在は「空(くう)」の世界をヴェーダーンタの考え方で紐解くことを趣味として生きるタオ実践者。