ヨガ哲学と智慧の活用

定 期 開 催

ヨガ哲学と智慧の活用

担当講師:Lee

講座「ヨガ哲学と智慧の活用」について

最近ではすっかり市民権を得た「スピリチュアル」な世界。
しかし、この世界で言っていることはすでにヨガの考え方の中にありました。

前世、過去世、先祖供養、カルマの法則などのすべての謎は、宇宙の真理へ向かう「ヨガ」というツールで紐解くことができます。ヨガは、目に見える物理的な肉体を使って、自分の中の「見えない存在」を知覚するための道具です。それは心の動きや感情をコントロールすることにもつながります。
ヨガに「癒し」の効果があるのはいったいなぜでしょう。その謎を解くカギが、この講座の中にあります。ただクラスに参加してその場しのぎで癒されるのではなく、積極的に人生に活用するためにヨガを学んでみませんか。ヨガは仏教と同じように、その活用法によっては「楽になる」生き方を教えてくれます。
講座では、ヨガの難しい言葉だけでなく、それを簡単に解説しながら生き方に照らし合わせていきます。ただ漠然と、誘導されるがままヨガを行うよりも、積極的に、能動的にヨガと触れ合ってみると、これまでに気づかなかった面白い発見があるかもしれません。

ヨーガ・スートラ

ヨガの経典のようなもののことです。この「スートラ」とは「糸」を意味します。
ビーズの首飾りを想像してみてください。芯を走る糸はそのままでも、パーツを変えるとまったくデザインが変わります。この首飾りのように、「スートラ」とは、時代の流れにともなって人の考え方や感情の様相、生活様式が変わったとしても、そこに潜む真理は一つであり不変であることを表しています。
これは「生き方」のヒントとなって、現在の人々を導き続けています。

ヨーガ・スートラの中でも、とくに注目されている項目があります。
以下は《アシュターンガ・ヨーガ》と呼ばれ、日常生活において心がけることで人生の変化を感じられるものであり、またヨガの生き方を実践することによっておのずと成されていくものでもあります。

1.ヤマ【禁戒】
しないほうがいいこと
2.ニヤマ【勧戒】
したほうがいいこと
3.アーサナ【座法】
ヨガのポーズ、体操、瞑想のための座り方を練習すること
4.プラーナーヤーマ【呼吸法】
呼吸をコントロールすること
5.プラティヤーハーラ【感覚の統制】
五感が「幻」だと気づくこと
6.ダーラナ【集中】
心が動かないようにすること
7.ディヤーナ【瞑想状態】
身体も心も静かで動かない状態
8.サマーディ【涅槃・解脱・悟りの状態】
その先にある大本につながった状態

なぜヨガをするのか

最近では、ヨガといえば「アーサナ=ポーズ」を指すことが多いので、アーサナをする目的を知ることが重要になってきます。
アーサナは単に美容や健康のためだけのエクササイズではないし、柔軟性を高めるためのものだけでもありません。
アーサナや呼吸法をすることで気持ちが穏やかになった経験がある方は多いでしょうが、なぜそれが心や感情のコントロールにつながっているかを知ることで、ヨガがもっと面白くなるかもしれません。
さらには、心や感情だけでなく、ときに「魂」と訳される「アートマー」「ブラフマン」「バガヴァーン」「イーシュワラ」等のキーワードにも触れながら、ヨガ本来の目的である「アーサナのその先」を見てみましょう。

講座内容について

カリキュラム概要

  • ヨガの基本情報
    • 語源、歴史、種類、目的など
    • 心、感情について
    • アーサナについて
  • ヨガの考え方
    • ヨーガ・スートラ《アシュターンガヨーガ(8支則)》
    • バガヴァッド・ギーターとヴェーダーンタ
    • 仏教の考え方とヨガ
    • 禅/タオ「道」の考え方とヨガ
  • ヨガの活用
    • 意識の広げ方
    • グラウンディグ
    • カルマ・ヨガ

※内容は予告なしに変更する場合があります。

開催日時

次回2017年7月以降開催予定

受講料

45,000円

参加資格

講座内容に興味があればどなたでも

募集締切

調整中

お問合せ/お申込み

担当講師よりご挨拶

ヨガは「生き方」です。
人に教えるためのヨガというよりは、自分が実践できるヨガを学ぶことで、結果的に人に伝えることができるようになります。
この世のしくみや宇宙の法則を理解できるヒントが潜んでいるヨガの智慧を深く探り、それを人生に活用する。
諸行無常、私たちが認識できるもののうちで変化しないものは何一つとしてありません。
どうせ変化するものであれば、どのように変化し続けたいかを考えてみましょう。
「自分」という宇宙を覗いてみたい方、ぜひ一緒に「その先」へ足を踏み入れてみませんか。

講師紹介

Lee

  • batubatuオープン時からインストラクターとしてレギュラークラスを担当
  • batubatuヨガインストラクター養成コース(2007年、2008年、2012年、2014年)にて講義・ワークショップを担当
  • 生き方としてのヨガを提唱し続けるコラムニストとしてbatubatuスタジオ統括業務に従事

2005年、それまで趣味で勉強していたヨガを人に伝え始めたことをきっかけに、その奥深さの追究を始める。
フリーで活動しながら、ヨガを始めとする東洋哲学、西洋哲学、宗教、心理学、量子物理学、心霊研究、宇宙からオカルトまで様々な分野から自身の啓蒙を続けること十余年、現在は「空(くう)」の世界をヴェーダーンタの考え方で紐解くことを趣味として生きるタオ実践者。